FC2ブログ
twitter始めました!

@lyra_art

イベント情報や普段の練習風景などをつぶやいていきます。
【特別授業】フィールドワークについて考える
2013 / 06 / 29 ( Sat )
6月28日金曜日の午後、
「フィールドワークの目的と手法」についての
特別授業が行われました。
DSC_3295.jpg



講師の先生は、和歌山大学経済学部の
鈴木裕範教授です。


授業では、先生が専門とされているフィールドワークについて
7つの項目を書いたレジュメを作ってくださり、
一つ一つの項目を丁寧に教えてくださいました。

鈴木教授は生徒に尋ねました。
「フィールドワークって何だと思う?」
生徒は答えました。
「実際に行って、体験したり、調査したりすることです」

鈴木教授は、フィールドワークとは
「五感の学び」だと仰いました。

五感を研ぎ澄ませるほど、多くのことを学べる、と。

鈴木教授はフィールドワークについて、
「何のために行くのか」
「自分が何を知りたいのか」
「知って、それからどうしたいのか」
といった、目的を意識する、ということを
とても大切にされていました。
DSC_3291.jpg

皆さんは「地元学」というのをご存じでしょうか。

地元学とは、地元に学ぶことです。
地元の人が主体となって自分たちが住んでいる地域を見直し、
自分たちの手でよりよい地域を創りあげていくことを、
基本としています。

講義の中で、土の人と風の人というお話が出てきました。
土の人とは地元に住んでいる人。
風の人とはよそから来た人を指すそうです。

地元学によるフィールドワークでは、
土の人と風の人が共同で行うのが良いそうです。

土の人(地元民)にとっては、身近すぎて気づかなかった、地元を知るきっかけになります。
風の人(地元民ではない人)は、興味をもちよく知ろうとします。
この両者が一緒に発見することが良いそうです。

鈴木教授は、フィールドワークのおもしろさとして
現場ではいつも、謙虚な生徒でありたいと語っていました。

好奇心を持ち、対等な立場でお話を聞く。
想像と創造。好奇心と、イメージを働かせて聞くこと。

フィールドワークとは、地域を耕すことである。

最後に生徒たちの活動についてアドバイスをいただき、
この日の授業は終了しました。


真国のいいところを知ってもらいたい。

そんな思いをもつ生徒たちにとって、
今回の授業は今後の動きとしてとても参考になる内容でした。

これからは授業で学んだことを生かし、
地域の方と一緒に真国の良いところを発見し、
そして真国の良さをもっともっと伝えられたらなと思います。
スポンサーサイト



21 : 40 : 52 | 特別授業 | page top
【告知第二弾!】25年度 りらフェスティバル~小さなりらと真国の大きな和~
2013 / 06 / 27 ( Thu )
lyrafes2013_big.jpg


今回は、
「りらフェスティバル」の詳細について
お伝えしたいと思います!

--------------------


日時:7月14日(日) 16:00~19:00
会場:りら創造芸術高等専修学校 野外ステージ
内容:生徒発表・生徒展示・出店など
料金:無料 ※ただし出店での飲食等は有料
送迎:和歌山電鐵貴志川線・JR岩出駅 ※要予約


--------------------




生徒たちはりらフェスティバルに向け、
毎日熱心に練習に励んでいます!


6月26日(水)には、
りらフェスティバルに出す生徒演目の
オーディションも行われました。

リラフェスオーディションM2
リラフェスオーディションママリエ
リラフェスオーディションダメ出し2


全ての演目を披露し終えた後、
校長先生と先生から意見を頂きました。
出演していた生徒たちは熱心に耳を傾けていました。

!!りらフェスティバル特別企画のお知らせ!!

りらフェスティバルでは
地元、真国にちなんだ企画が盛りだくさん!
【その1】香る芸術、山椒アート
1羽の山椒うさぎが真国に迷い込んだ…!?
山椒うさぎと一緒に、様々な山椒アートに出会いませんか?


真国でも多く作られ、国内の生産量80%をほこる
和歌山県のあまり知られていない特産品、山椒。


アート作品を通してより親しみを持ってもらい、
和歌山や真国の特産品を、もっと知っていただければ嬉しいです。




【その2】○×クイズ
真国のことをもっと知ってほしい…
そんな思いから作られました「真国○×クイズ」!


真国のことが楽しく、簡単に分かります!


受付で答え合わせをして頂けます。
参加してくださった方には抽選で豪華な景品が当たるかも!?




【その3】大量かざぐるま
300個のかざぐるまが会場で一斉にまわります!
その光景は大迫力間違いなし!


かざぐるまの制作体験もあります。
あなたの作ったかざぐるまが会場でまわるかも!?




【その4】盆踊り「真国りら音頭」
毎年りらフェスティバルで行われていた恒例企画、
盆踊り「真国りら音頭」、今年もやります!!


生徒が作詞した歌に合わせて、
みんなで楽しく踊りませんか?


フリはとっても簡単!
生徒たちと輪になって、一緒に楽しく踊りましょう!



ぜひ、ご体験ください!
21 : 36 : 17 | 未分類 | page top
【告知!】25年度 りらフェスティバル~小さなりらと真国の大きな和~
2013 / 06 / 27 ( Thu )
7月14日(日)に、本校にて開催される夏祭り、
「りらフェスティバル~小さなりらと真国の大きな和~」
の告知をさせて頂きます!


2013リラフェスチラシ表



りらのある、ここ、紀美野町真国地区。
私たちは、色々な場所から真国に集まってきました。
そして知った、真国の良さ、地域の方の暖かさ。
地域の方にたくさん支えられ、私たちは活動出来ています。
この素敵な場所を、たくさんの人に知ってほしい!

しかし…

過疎化が進み、人口が減少していっている現状…。
このまま何もしないのは嫌だ。

このイベントを通して、
少しでも多くの人に真国の良さを知ってほしい。



小さなりらと真国、2つが手を取り合い、
和(足し算)の関係を築けば、大きな輪になる。

そんな思いを込めてつけたタイトルです。



担当のS.Rちゃん(2年)は、


りらフェス当日に私がみたい景色は、
村の方々や若者達が、時代の違いなんて関係なく
一緒に交流していること。

私達が今回したいことは、村の方との交流。
そして、真国をいろんな人に知ってもらいたい。

今いるおじいちゃんおばあちゃんの知恵と若者の力。
二つがあればきっと真国がげんきになる!

りらフェスを通してたくさんの人が真国を知って、
そこから新たな進展がみれたらいいな。

と、語ってくれました。

13 : 48 : 08 | 未分類 | page top
第一歩 保護者交流会「ホタルナイト」開催
2013 / 06 / 19 ( Wed )
今年度初の校内イベント「ホタルナイト」が先日開催されました!


DSC_1521.jpg




新生のりらがスタートして約2ヶ月。
1年生も初めて全員で舞台を踏む為に、本番までそれぞれが色々な山を越えてきました。


その山を越えれたからこそ!
本番を全員で迎え、舞台の最後に感動しあえたのではないでしょうか(^^)

2年生も3年生もそれぞれが1回1回舞台を創る度にみんなで学び、どんどん成長していき、更なる変化があることに見ている側も楽しみになります。

DSC_2129.jpg


まだ、2013年度のりらがスタートしたばかりです。

次の舞台、恒例のりらフェスまで1ヶ月を切り、ホタルナイトが終わったばかりにも関わらず
生徒たちは、さっそく練習に取り掛かっています!!

ぜひ、今後も輝き続ける生徒たちにご期待下さい☆
15 : 24 : 50 | 行事 | page top
| ホーム |