FC2ブログ
twitter始めました!

@lyra_art

イベント情報や普段の練習風景などをつぶやいていきます。
「無縁社会の話をしよう」を読んで
2011 / 01 / 14 ( Fri )
1月23日日曜日、りらの校舎を会場に和歌山県教育委員会が主催する勉強会が開催されます。

■□■「小さなムラの大きな挑戦」■□■
~若者、コミュニティ大人の結び直し~
詳細はこちら

本校が協力団体として参加する「世界民族祭」をはじめとした「地域コミュニティー」としての「りら」を
『学校が地域にとって「重要なコミュニティー」になっているモデルケース』として県内のおおくの方が
興味を持ってくださっているそうです。

先日、生徒が新聞の切り抜きを持ってきました。そこには『「無縁社会」の話をしよう』という見出しが書いて
ありました。
過度な市場原理の発展により、個人主義が強まった現代社会は、コミュニティーの喪失が起こった「無縁社会」
といえる。という内容でした。

この記事の著者は、NHKの番組「ハーバード白熱教室」で有名なマイケル・サンデル氏です。
氏はこの記事で提唱しています。

孤独死や不明高齢者問題など、日本の社会が抱える数々の問題は、この無縁社会によって生み出された
無責任な自由主義が凶元となっている。この現状の解決には以下のことが重要である。

■個人個人の責任について、道徳的にしっかりしたディベートの必要である。
 これなくして、コミュニティー侵食の裏に潜む問題に対処できない。
■市民社会から発生した新しいコミュニティー構築が必要である。

りらではコミュニティーの中で、「正義」につて議論(ディベート)するミーティングがあります。
「自由と責任」という難しい問について全校生徒で話し合い校則も決定します。

必ず正しい解答が得られるわけではありませんが、このような議論を通して、
他者の視点を理解できるようになる機会となっています。

このような環境の中から、現代社会が求める「つながり」の中心となれるキーパーソンが輩出されると
信じています。


スポンサーサイト



17 : 43 : 21 | 行事 | page top
在校生 初個展
2011 / 01 / 07 ( Fri )
3年生の松本勇君が2011年1月26日~30日まで、和歌山市和歌浦の和歌山アートキューブで、
在校生では初となる個展を開き、木彫りの作品約30点を発表することになりました。


1年生の時から創作活動に興味があった松本君は陶芸や木工で机などを作る工作に興味をもっていました。
3年生になった今年度、美術担当教員で美術作家の中嶋雄二先生の授業を通して素材としての「木」と出会いました。

普段無口な彼が、その作品の中で雄弁に語る姿を見た中嶋先生は

「松本勇君の創造する世界は静かでありながらどこか饒舌である。
一人黙々とノミを振るう姿は、まるで創造の神による力を得た者の風格を感じる。
直接的な人とのコミュニケーションは、極度にシャイで無口な彼にとっては強烈すぎるのだろう。
むしろ我々の方が、かすかな感受性による会話、というものを彼の作品の中から学ぶべきかもしれない。
「とにかく木を彫ってみろ。」松本勇君の木彫作品を見ているとそんなメッセージが伝わってくる。」

と評価しています。

松本君作品1


「仲間が個展を開く」
毎年30回以上も舞台公演をこなす生徒たちにとっても初めての試みです。

「舞台芸術などの授業で学んできたことを個展開催に活かせないか。」
「私たちもできることがあるはず。」

そう考え、生徒も協力をしています。


写真家志望の生徒はパンフレット用の写真を撮影しました。↓

IMG_8152.jpg


新聞メディアに取り上げていただきたくさんの人に彼の存在を知ってもらって大きなチャンスとてあげたい。

校内イベントの広報活動を担当している生徒は取材を依頼する手紙(プレスリリース)を作成しました。

1月6日には和歌山新報で紹介されました。


りらHPのメディア情報

13 : 13 : 00 | 行事 | page top
クリスマスパーティー!
2011 / 01 / 07 ( Fri )
書いていて気がつきました。
・・パーティー多い。

りんごに焼肉に今度はクリスマス。
どんだけパーティーしているんだと思われるかもしれませんがしかし!!

行事がたくさんでなかなか時間の取れないりら生(特に寮生)にとって、
冬休み前は一番ゆっくりできる時期なんです。

とはいっても暇ではありません。この日も体験学習でたくさんの見学生
の子達が来てくれていました(^ω^)。(ダンスも披露しました!)

そのあと、みんなでセッティングをしてクリスマス会開始!
サンタクロースに コスプレ 仮装した1年生が司会を務めてくれました。

ブログ用写真4


一年の終わりということでちょっと(かなり)豪華。なんと1人一個ずつケーキが!
トッピングを少し自分たちで追加したりして工夫もしました。
体験学習に来た人たちも少しだけおすそ分け(*´∀`*)。

買ってきたあと、『絶対食べるな!!』 『食べたらキケン!!』と書かれてしまわれていたスナック菓子たちも解禁。
みんなで美味しくいただきました。


ブログ用写真3


今回の演目はバンド演奏、ダンス、歌などでした。普段は絶対やらないような生徒
による漫才なども。
いつものような失敗はできない舞台ではなく、アットホームなイベントだったので
和気あいあいとしたいい雰囲気での発表。
とても楽しいイベントでした。(*´∀`*)











13 : 08 : 47 | 行事 | page top
ALCAダンス発表会!
2011 / 01 / 06 ( Thu )
さて前回の続きです。

りらでは毎年、ダンスアートカンパニーALCAというダンススクールの主催している
ダンス発表会やコンサートに参加しています。

クリスマスコンサートと発表会が隔年で行われるのですが、今年は発表会の年。
1300名収容のホールで行われる規模の大きい舞台です。
経験したことがあるのは3年生だけでした。分からないことも多かったです(゜゜;)

11月の世界民族祭が終わって以来、りらではこの発表会にむけての練習がメインになっていました。
その練習成果を全部ぶつける1日だったのです。

とはいえ、クリスマスイブに全体リハーサル、クリスマス当日に本番という
イベント”もろ”かぶりというスケジュール(笑)。大変でした。

生徒の感想を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『私は発表会に参加したのは初めてです。昨年参加したクリスマス会とはまたちがい、
会場で感じる緊張感も生半可なものではありません。

今まで練習してきた成果を見せる、たった一回きりの場ということで、心の中では
緊張や不安と期待が入り混じっていました。

昼ごはんの弁当がフライにチャーハンにから揚げだったのには参りましたが。。
(しかもごみが出たら片づけが大変だから残せなかったのです)
ですが、待ち時間が長く、ほかのクラスの子どもたちとも交流することができました。

緊張もほぐれたところでいよいよ本番。
舞台に立った瞬間、今までの不安は急に小さくなり、笑顔で踊りきることができました。
練習が大変だった分、得られた達成感も大きかったです。

中級クラスのみなさん(たまにりらに来て練習をされていました)の迫力あるダンスも見られて、
いろんな意味でいい経験になった舞台でした。』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1年の締めくくりの舞台を終え、それぞれがそれぞれの達成感や思いを抱えて家路につきました。
                                  
                                       (記事作成:2年K・Y)

さあ、今日からいよいよ冬休みです・・と本当なら書きたいのですが、あと3日でおしまいなんですね~。
次の号では冬休み中の練習風景をお届けしたいと思います。


12 : 37 : 00 | 行事 | page top
焼肉パーティー IN寮
2011 / 01 / 06 ( Thu )
おはようございます(^0^)!

新年あけましておめでとうございます!
といってももう今日で新年2日目ですが・・

今年もりらブログをよろしくお願いします。
がんばって更新しますので!

さて今日の話題は寮で行われた1年間お疲れさまパーティーです。
本当なら年が明ける前にアップしたかったのですが、先生すら走るといわれる12月の末、生徒は…休みでした。
申し訳ありません。

一年間が終わるということで、みんなでパーっと何かしようという寮母さんの提案で、12月22日の夜、食堂に
全員が集合しました。
最近は学校で夕食を食べているので、何やら新鮮なような懐かしいような気がしました。

男の子ばっかり固まったら不公平だろ!だの、そこ座ったら通れない、だのとかんかんがくがくのやり取りはありましたが、無事にみんなで乾杯!

DVC00484.jpg


久しぶりのゆっくりとした夕食、みんなでわいわいと楽しく過ごしました!

素敵な思い出になりました(*^^*)
                                   (記事作成:2年K・Y)

このパーティーの時点で3日後に迫っていたALCAのダンス発表会については、次の号でお送りします。お楽しみに!










12 : 01 : 56 | 行事 | page top
| ホーム |