FC2ブログ
twitter始めました!

@lyra_art

イベント情報や普段の練習風景などをつぶやいていきます。
りらフェスティバル 練習
2009 / 07 / 13 ( Mon )

もうすぐりらフェスということで今回は練習風景をお伝えしたいと思います。


まずはジャズダンスです。
DSC_0680.jpg
アニメ「ワンピース」の主題歌だった東方神起が歌う ウィーアー を踊るんですが、
練習は大変ででも楽しくて皆さんに披露できるように頑張っています。


次はバンドです。
DSC_1039.jpg
生徒が言葉を考えて弓庭先生が作曲をして下さった、オリジナル曲を練習しています。
聞いているとだんだん楽しくなってくる曲です。


次はタップです。

DSC_0878.jpg
タップは全員参加の「ビリー・エリオット」と希望者だけの「ミー&マイガール」を練習しています。
ビリー・エリオットはストーリー性があり、おもしろいものになっています。
ミー&マイガールは踊ったり、歌ったりと楽しいものになっています。


次はです。

DSC_1012_20090713203426.jpg
三年生が「感謝」をテーマに描いています。この絵はまだ途中なんですが、
見ていてすごく伝わってくるものがある作品だと思います。


今年は、全学年初めての試みが多いので去年よりも
もっと素晴らしいものが見てもらえることができると思うので、
ぜひりらフェスにお越し下さい。
お待ちしています。

スポンサーサイト



20 : 28 : 22 | 行事 | page top
ホタルナイト
2009 / 07 / 12 ( Sun )
続きを読む
13 : 45 : 28 | 行事 | page top
2009 / 07 / 02 ( Thu )
今回のブログは生徒が書きました。

有田市の公民館で、校長先生の講演会が行われました。
DSC_0026.jpg
生徒もそこで、ウィルロジャースフォーリーズの発表をすることになりました。
その日は、民族学博物館の音楽の祭日を見学してから、有田市に向かいました。

そこで大問題が!!!

前日は、夜遅くまでミニコンサート「ほたるナイト」があり、その疲れもあってかデッキと音源のCDを学校に忘れてきてしまいました。
DSC_0004_20090702205054.jpg
すぐにスタッフの鞍さん、松本さん、寮母さんがデッキと音源を会場に持ってきてくれることになりました。
みんなが「誰かが持ってきてくれるだろう」という考えで動いてしまっていたから起こってしまったハプニングでした。
そのトラブルからの緊張感もあってか、逆に音響のセッティングや照明のセッティングはスムーズに進みました。
しかし、デッキも音源も届かないまま本番が近づいています。
このままではやばい!と感じたみんなは、音源CD無しでもできる
リズム音楽であるケチャをしようということになりました。
ケチャのパートの人数が合わないため、急遽チーム編成が行われ、練習が始まりました。
DSC_0034.jpg
そうしていると、あっという間に時間が過ぎ、あと20分で自分たちの出番が来る!というところで鞍さんがデッキと音源をもって控え室に入ってきました。

デッキも音源も届いても、まだみんなはそわそわと落ち着かない様子でした。
学校外での舞台は四ヶ月ぶりです、
そんな緊張した空気を打ち消すかのように、突然みんなが
「大丈夫、きっとできる」と励ましの言葉を掛け合いはじめました。
責任のなすりつけあいをするのではなく、失敗をカバーする。
こういったコミュ二ケーションが、舞台をする上で大切なのだなと感じました。
舞台はひとりでつくるものではなく、みんなでつくるもの。
それを実感する大切な失敗になったのではないでしょうか。

DSC_0011.jpg
そして本番。
問題は色々とありましたが、タップダンスはあっという間に終わりました。
DSC_0078_20090702210038.jpg
お客さまは楽しんでくれた様子だったので、今回の発表は何とか乗り越えられました。
タップが終わったあと、生徒からのメッセージをお客さまに伝えました。
そして、質疑応答のところでは、タップダンスをもう一度してほしいとアンコールもありました。
アンコールがあったのは開校以来、初だったのでビックリしましたが、アンコールが出るほどまでに私たちの舞台が心に届いたのだと感じることができました。
そうして舞台は無事終わりました。
お客さまとお別れをするときに、ほとんどの人が「がんばれよ」と声をかけてくれたことがすごくうれしかったです。

DSC_0159.jpg
今回の校外発表は、ハプニングもあり学ぶことの多かった舞台で、とてもいい経験になりました。
再度、みんなの絆の強さが実感できました。
21 : 47 : 51 | 行事 | page top
| ホーム |