FC2ブログ
twitter始めました!

@lyra_art

イベント情報や普段の練習風景などをつぶやいていきます。
今日はマリーナシティーで学校説明会
2008 / 11 / 29 ( Sat )
本日、11月29日マリーナシティー内 わかやま館にて
学校説明会を開催します。

12時から生徒の発表があります。

生徒達は毎日遅くまで舞台作りに励んでいます。
りらの生徒は本当に良く働きます。

大人としては活動に打ち込む生徒の姿を
本当に喜ばしい一方で冬の寒い中
作業が終わって遅くに帰る生徒達を心配してしまいます。

下の写真は学校の説明パネルを生徒が作成しているところです。
絵を描いている生徒

生徒が帰って気がつけば今日も深夜になっていました。

星空には満点の夜空が広がっていました。
星空

桜の老木のバックにまるでクリスマスツリーのように星屑が広がっていました。

りらの夜は街灯も無く本当に星が綺麗なんです。
スポンサーサイト



01 : 41 : 19 | 行事 | page top
生徒が作る情報ラジオ番組「りらジオ」始動!!
2008 / 11 / 20 ( Thu )
りらには放送局実習という変わった授業があります。
メディアにのせて生徒の活動を広く皆さんに知ってもらうため
ラジオ番組を作り実際に放送する授業です。
もちろん企画やパーソナリティー、機材の操作も生徒自ら行います。

下の文は今週初めて番組を収録した二年生の感想です。

今日、ラジオ放送局に収録に行ってきました。
初めての収録で緊張をしましたが楽しくできました。

しかし、録音した音を聞いてみると、暗いしゃべり方になっていたり、
声が小さかったりしました。

ラジオのアナウンサーはいつも明るい声で、聞いている方も分かりやすく笑えたりします。
僕らも回数を重ねるごとに聞いている人が笑ったり、
楽しくなれる番組を作ることが出来ればやりがいもでてさらに楽しくなると思います。

FM1
FM2


放送はFM88.9 FMマザーシップで11月29日(土)13時30分~13時45分の15分番組です。
毎週土曜の昼時に流れますので、湯浅地域のお近くの方は是非お聴きください。
13 : 29 : 11 | 行事 | page top
青少年健全育成県民大会 で舞台発表
2008 / 11 / 06 ( Thu )
11月6日和歌山県青少年健全育成県民大会で
りらの山上 範子校長が~感動で「生きる底力」を育む教育とは~
というテーマで基調講演を行いました。

この「青少年健全育成県民大会」とは
全国で開催されている「青少年育成健全月間」の一環で開催される
和歌山県・(社)和歌山県青少年育成協会が主催する大会です。

基調講演

りらの生徒もオープニングでは日本舞踊「老松」を舞いました。
老松発表

校長の講演の最後にタップも披露しました。
タップ
最後に生徒を代表して数人が今の心境を語ってくれました。
次の文は、そのとき一人の生徒が話した内容です。


私はりらに入学するまで普通の公立高校に通っていました。
その時の私は学校に「おもしろさ」などの期待をしたことがありませんでした。
なんとなく学校に通ってなんとなく大人になっていくんだろうなーと思っていました。
そんな時、新聞でりらの開校を知ってこの学校なら三年間を充実して過ごすことが
出来そうだなと思ってその高校を辞めてりらに入学することにしました。

実際に入ってからは楽しいことも沢山ありますが、大変なことも一杯ありました。
りらは舞台芸術の学校なので皆で一つの舞台をつくることが中心になります。

育ってきた環境が違う皆が一つの舞台を作るということで色々な意見や見方があり、
ぶつかりあうことが頻繁にあります。
最近は「ぶつかり合うということは、個性があるということなんだなー」と感じてきて、
それもおもしろいとおもうようになりました。

りらは毎日何かが起こっています。楽しいことも、嬉しいことも、悲しいこともたくさんあります。
今私は、前に通っていた高校の時と比べて本当に充実した日々を過ごしています。

りらに入れてくれたお父さん、お母さん。今一緒に頑張っている仲間や先生方に
いつも感謝の気持ちを忘れずにこれからも頑張って良い舞台をつくっていきたいと思います。


22 : 33 : 37 | 行事 | page top
公開教育講座第一回「伝統文化の世界で生きるには」
2008 / 11 / 03 ( Mon )
本日(11月3日)、公開教育講座 第1回「伝統文化の世界で生きるには」
が開催されました。
このイベントは日本の伝統芸能の世界で活躍される
喜多流能楽師、重要無形文化財総合保持者の松井先生をはじめ
一流の先生方をお招きしてその世界の魅力を知っていただくことを
目標に企画されました。
下の写真は実際に参加者の方が能で使う装束を着けているところです。
matuisennsei
客席と1mの距離で能楽の楽曲である「船弁慶」の仕舞いが行われました。
大迫力でした!!
oni
生徒も普段から授業で学んでいる謡いや仕舞いを着物を着て披露しました。
buyou
最後の挨拶をしているところです↓
aisatu
今回の講演ではただ舞台を見るだけではなく普段知ることの出来ない、
「能楽の裏方」や「日本伝統楽器の仕組み」等を見ることが出来るものでした。
来場してくださったお客様には伝統芸能を少し身近に感じていただけたと思います。

今回の講演も本当にたくさんの方のご協力を頂きました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

国際的に活躍する一流の先生からの言葉は生徒にとっても良い刺激になった
と思います。
19 : 40 : 13 | 行事 | page top
| ホーム |