FC2ブログ
twitter始めました!

@lyra_art

イベント情報や普段の練習風景などをつぶやいていきます。
バンドの練習
2008 / 02 / 29 ( Fri )
総合芸術の時間では、

生徒達が、自分たちでさまざまなことにチャレンジしています。

その一つ、バンドは、ほとんどの子が初めて楽器に触ります。

1年目は、たくさんのことに初挑戦。

他にも、ダンスや歌など、放課後も使ってみんなで頑張っています。

band01

↑バンド練習中。ほとんどの子は初楽器です。
スポンサーサイト



11 : 36 : 13 | 水曜日の授業 | page top
最近の「ばなな」
2008 / 02 / 29 ( Fri )
いろいろあって(過去ブログ参照)、学校に来た犬「ばなな」。

最近の「ばなな」は、

よくひなたぼっこをするようになりました。

すっかり馴染んでいるようです。

この前は、散歩中に大脱走をして、

みんなで追いかけることもありました。

「ばなな」は1期生と一緒に、元気な毎日を送っています。

banana03

↑ばななは眉毛を挙げると頭に独特のしわができます。

banana04

↑顔を振っている瞬間。ジャーキーが大好きです。
11 : 31 : 56 | 休み時間・放課後 | page top
陶芸個展の見学
2008 / 02 / 24 ( Sun )
2/7(木)に、授業を変更して「陶芸」の個展を見に行きました。

この個展は、「陶芸」の授業の講師である、平岡先生が、

同じく陶芸家であるお父様と一緒に開催された個展で、

和歌山市の百貨店で行われました。

普段とはまた違う本物の作品を見て、

授業への取り組む意欲もさらに上昇してきたようです。

koten


↑りらの特別講師の先生は、ただの先生ではなく、プロのアーティストでもあります。
01 : 11 : 23 | 火曜日の授業 | page top
レコーディング!(2008/1/12)
2008 / 02 / 24 ( Sun )
音響で和歌山一円に仕事をしている上野先生が、

レコーディング機材を使って、実際に録音を見せてくれました。

機材の使い方を覚えたり、実際の録音に参加したり、

実際の専門機材で実践的な体験をすることができました。

今回は、校長が作詞した

オリジナル曲「だいじょうぶ、きっとだいじょうぶ」を、

録音しています。


uta01

↑生徒が機材を使っている様子。録音機材の使い方や、歌い方などを教わりました。
01 : 06 : 24 | 課外活動 | page top
学校説明会・日舞発表会(2008/1/12)
2008 / 02 / 24 ( Sun )
1月12日には、学校説明会と、

日本舞踊の発表会がありました。

はかまや着物に袖を通し、日本古来の文化を見事に演じています。

この様子は、TVや新聞から取材を受け、

実際にメディアに放映・掲載されました。

nihon

↑男の子が「老松」を踊っているところ。TVが客席の様子を撮影しています。
01 : 01 : 46 | 行事 | page top
犬が来た!
2008 / 02 / 24 ( Sun )
年明け、学校に一匹の犬(成犬)が迷い込んで来ました。

首輪を付けていて、誰かに飼われていたと思われる犬です。

人なつこく学校にいついたので、飼い主を捜そうか、飼おうかと

考えていた矢先、ふとしたときに、動物愛護センターに地域の方が

野良は危ないということで、犬をつれていかれました。

動物愛護センターによると、成犬は基本的には飼い主が現れない場合、

安楽死処分するしかなく、動物愛護センターから譲ることができるのは、

生後3ヶ月~6ヶ月の犬だけだそうです。

学校全体で幾度も時間を取って話し合い、特に生徒から、

『どうしても責任を持って飼いたい』という意見が出たので、

ついに学校で引き取ることになりました。


このことについては、実際に動物愛護センターにいって話をきいて、

できたら未来ある子犬を引き取って欲しいとお願いされたり、

学校という特殊な環境で責任を取るとはどうすることか?といった、

本当に沢山の出来事や話がありました。

もし機会があれば、是非生徒に尋ねてみて下さい。

きっとしっかりと自分たちの言葉で話をしてくれるはずです。

今は『ばなな』という名前で、りらの学校に住んでいます。

inu01

↑ついに引き取りの日。動物愛護センターで、飼い方の詳しい説明を受けています。
散歩の仕方や、しつけの仕方も色々気をつけることがあるとのこと。

inu

↑動物愛護センターには、保護された小さな子犬が沢山います。
土・日の触れ合い時間で、引き取ってもらう犬になるため、人に慣れる練習をしています。
「この子たちも、引き取ろうとしている犬と同じ立場だよ」と言われました。
00 : 57 : 18 | コメント・その他 | page top
| ホーム |