FC2ブログ
twitter始めました!

@lyra_art

イベント情報や普段の練習風景などをつぶやいていきます。
【特別授業】フィールドワークについて考える
2013 / 06 / 29 ( Sat )
6月28日金曜日の午後、
「フィールドワークの目的と手法」についての
特別授業が行われました。
DSC_3295.jpg



講師の先生は、和歌山大学経済学部の
鈴木裕範教授です。


授業では、先生が専門とされているフィールドワークについて
7つの項目を書いたレジュメを作ってくださり、
一つ一つの項目を丁寧に教えてくださいました。

鈴木教授は生徒に尋ねました。
「フィールドワークって何だと思う?」
生徒は答えました。
「実際に行って、体験したり、調査したりすることです」

鈴木教授は、フィールドワークとは
「五感の学び」だと仰いました。

五感を研ぎ澄ませるほど、多くのことを学べる、と。

鈴木教授はフィールドワークについて、
「何のために行くのか」
「自分が何を知りたいのか」
「知って、それからどうしたいのか」
といった、目的を意識する、ということを
とても大切にされていました。
DSC_3291.jpg

皆さんは「地元学」というのをご存じでしょうか。

地元学とは、地元に学ぶことです。
地元の人が主体となって自分たちが住んでいる地域を見直し、
自分たちの手でよりよい地域を創りあげていくことを、
基本としています。

講義の中で、土の人と風の人というお話が出てきました。
土の人とは地元に住んでいる人。
風の人とはよそから来た人を指すそうです。

地元学によるフィールドワークでは、
土の人と風の人が共同で行うのが良いそうです。

土の人(地元民)にとっては、身近すぎて気づかなかった、地元を知るきっかけになります。
風の人(地元民ではない人)は、興味をもちよく知ろうとします。
この両者が一緒に発見することが良いそうです。

鈴木教授は、フィールドワークのおもしろさとして
現場ではいつも、謙虚な生徒でありたいと語っていました。

好奇心を持ち、対等な立場でお話を聞く。
想像と創造。好奇心と、イメージを働かせて聞くこと。

フィールドワークとは、地域を耕すことである。

最後に生徒たちの活動についてアドバイスをいただき、
この日の授業は終了しました。


真国のいいところを知ってもらいたい。

そんな思いをもつ生徒たちにとって、
今回の授業は今後の動きとしてとても参考になる内容でした。

これからは授業で学んだことを生かし、
地域の方と一緒に真国の良いところを発見し、
そして真国の良さをもっともっと伝えられたらなと思います。
スポンサーサイト



21 : 40 : 52 | 特別授業 | page top
アジアの弦楽器シタール
2010 / 03 / 31 ( Wed )
3月8日に、シタール奏者の方が来られ、特別授業が行われ,
シタールについての説明や演奏、アジアの音楽について語っていただきました。

DSC_0015_20100331122905.jpg


シタールとは北インド発祥の弦楽器で、
弦が19弦あり、弦が二重にはってある楽器です。

バイオリンなどではまっすぐ音を伝えますが、アジアの音楽は一つの弦でも、
いくつもの表現、表情をだすことができます。

その人のその時の感情、状態、時間帯すべてが
そのときだけの音楽をつくることができるそうです。

DSC_0004_20100331122853.jpg


シタールの演奏は、とても独特的でその場の雰囲気に飲み込まれるようでした。

一つのフレーズで何パターンもかえて演奏することができるので、長く弾き続けることができ、
団欒をしているときなどのBGMとしても演奏することがあるそうです。
私も演奏中に、曲を聴きながら和んでしまったのでうとうとして聞いているときや、
はや引きなどのテクニックに真剣に見聞きしているときもありました。

DSC_0006.jpg


私は、もともとアジアの曲を好んで聴くので、
今回のシタール奏者の方が来られるのを楽しみにしていてました。

その土地の独特のものは、なかなか
その地以外では触れる機会が少ないので、今回すごく良い機会になりました。

生の音は、CDで聴くよりも幻想的でした。
また声で音をだしたり、手をたたいたりと、
シタールの演奏にまざって一緒に音を奏でることができて、楽しかったです。

(一年生 M.Y)

12 : 30 : 40 | 特別授業 | page top
人間国宝の先生来校
2008 / 10 / 06 ( Mon )
りらでは伝統文化の授業で能楽や日本舞踊を学んでいます。
最初は「難しそう」と一歩引いていた生徒達も体験を通して
日本古典芸能とはどういったものなのかを肌で感じています。

9月10日と24日の二日間、能楽師で人間国宝でもある小林先生が
10月12日(日曜日)の万葉薪能の桧舞台に立つりらの生徒に直接
お稽古をつけてくださいました。

練習しているのは、琵琶湖の北に浮かぶ竹生島を舞台にした
能楽 一番目物「竹生島」の最後に舞う「竜神の舞」です。
力強い男舞で、お謡いも難しい演目ですが
生徒達は12日の本番に向けて練習に励んでいます。

小林先生 2

小林先生 3

テーマ:高校生日記 - ジャンル:日記

11 : 25 : 20 | 特別授業 | page top
| ホーム |